薬剤師のママがより良い条件の求人を見つける方法

家事と仕事の両立をサポートする仕組みづくり

家事と仕事の両立を図ることは難しいことかもしれませんが、せっかくの資格を無駄にしておくことは、優れた人材を放置しておくことに等しいことです。
求人は常にあるのですが、ご自身のライフスタイルを維持しつつ、仕事ができる環境を提供する薬局や医療機関が少ないのです。
どのような業界でも能力を持った人に会社のために貢献してほしいと思い、短時間勤務でも良いという労働条件を提示して求人しているのが実態です。
薬剤師の仕事は、大学病院や民間の総合病院、調剤薬局などさまざまです。
新薬などを開発するような仕事もありますが、最も身近な存在としては、調剤薬局などがよろしいです。
調剤薬局は、基本的には提携している病院の開業時間に対応して仕事をすることになります。
大抵の病院は、午前の診療を12時頃に終了し、午後の診察は15時などとしています。
資格を持った親が活躍できるとすれば、例えば午前中のみの勤務にする。
もしくは午後だけの勤務にするなどの労働条件にすれば、潜在的な能力のあるママが活躍できるのです。
さらに、託児所などを設置しておけば、午前も午後も働ける環境を創出することができるのです。

潜在的に眠っているママ薬剤師を掘り起こす家事と仕事の両立をサポートする仕組みづくり経営資材の中で最も大切なのはヒト社会貢献のためにもぜひ薬剤師として復帰してほしい