薬剤師のママがより良い条件の求人を見つける方法

経営資材の中で最も大切なのはヒト

家族、特に子供の面倒をしっかり見てあげたいと思う親は、厳しい労働条件ではとても働けないと思ってしまい、せっかくの人材が眠ってしまうのです。
ワークシェアリングが日本でも取り入れられつつありますが、まさに優秀な資格を持ったママなどを眠らせておくのではなく、短時間でも働いてもらえるような環境を病院や薬局などが考えることが必要です。
かなり前に資格を取得した人でも、薬に関しての理解度は高いはずです。
新薬などの理解が少ない場合でも、過去から現在にかけて常用されている薬もたくさんあります。
新薬は新卒の人、従来からある薬については、ママに活躍してもらうという考え方がワークシェアリングと言えます。
経営資源の中でも最も大切なのがヒトです。
資格を活かしてまだまだ活躍したいと思っている親もいるはずです。
採用する調剤薬局などは労働条件に多様性を持つこと、そして、ママはより良い求人を見つけて応募する。
そんな状態を構築することが大切です。

潜在的に眠っているママ薬剤師を掘り起こす家事と仕事の両立をサポートする仕組みづくり経営資材の中で最も大切なのはヒト社会貢献のためにもぜひ薬剤師として復帰してほしい

薬剤師の求人支援サービス比較サイト求人・転職情報のはたらいく